« February 2007 | Main | April 2007 »

03/28/2007

6時間くらいノンストップで爆睡したい

ここのところ、母のご機嫌は斜め。
夜中に何度も起きて私を呼ぶのは今までもそうだけど、
最近はお布団に寝かしつけたあとも、
ずーーーーーーーーーーっと、何やらブツブツ喋ってるの。

一昨日は朝から不穏なやり取りが聞こえてくるので、
起きて見に行くと、 母が泣きながら&怒りながら、
あっち行ったりこっち行ったりウロウロしてる。
きっと、母が言う事に対して、上手にあしらえない父が
吐いた言葉にカチンと来たんだろうと推測。
母とはもう普通の会話は望めないのだし、しゃべる事すべて
ハチャメチャな事は、 ボケてるんだから仕方ないやん。
ボケてない父と私が、我慢するしかないのにさ。

●何回も同じこと言う&意味不明の事を言う
●僕が何か言うと反対の事ばっかり言う&する
●僕の言うことは聞かへん

↑が父の言い分。
そんなもん、私にだってそうやって。
言う事聞かへん時は、私に対してでも意地でも聞かへん。
でも父が、母がそう言う風に手を付けられない状態になった時に
文句言いつつ無視するのと違って、私は最後まで
母の傍にくっついてフォローする。
そりゃーもー、かなり精根尽き果てる作業だったりするけど、
何とか少しでも寝かせられたら、起きた時にはTVゲームのようにリセット出来てたりするので、
何とか機嫌がなおるように頑張るもん、その差は大きいで。
それに、50年以上連れ添った夫婦であったとしても、
所詮は赤の他人、血の繋がった私の方が絆が強いのだ!

そもそも、本人は気づいてないと言うか、そんな気はないだろうけど、 物言いが高圧的だったりするわけさ。
同じ言葉を言うにしても、例えば「アホやなぁ」ひとつとっても、
笑いながら優しい口調で言うと、母も一緒に笑うけど、
トゲトゲしく怒鳴るが如く言えば、母は怒ったり、ブルー入ってる時は泣く。
そう言う事を、私は父に懇々と言う…っていうか、
頼むのに出来へんのな。

昨夜は30分間隔ってくらいに起こされるので、
何時くらいの時かなぁ、私も母の布団の足元から足突っ込んで、ずっと話し相手になってた。
やぐら型の布団用コタツをしてるので、
足を突っ込んでるだけでも暖かいし、
私の腰巾着の猫共も参戦するので、ひとつの布団に人間2人と猫2匹で身動き取れない状態で寝てた。
母はその殆どの時間、ブツブツ言ってるけど、
その内容が今回は、どこかへ行くのか別れの場面ちっくでして、
やたらと「ありがとう」だの 「さようなら」を繰り返すのよね。
小さな声で、嗚咽混じり繰り返される「さようなら」は
さすがに凹む。
何か延々聞かされてると、厭世的になるっちゅーか、
ま、まさか、死期が近づいてるの?・・・・・なんてネガティブな考えも浮かんでくる始末。
まぁね、とりあえず眠って、次に起きた時には本人、忘れてるからいいけどね。

とりあえず今朝は、7時過ぎてやっと母も本格的に寝息を立て始めたので、私もそのまま2時間くらいは熟睡したかも?
それまで体育座りだったり、寝転んでもL字型だったり
不自然に首が曲がった状態だったりして、
それでなくても腰が痛いのに、首まで痛くて我慢出来へんから、
開き直って、母に「もうちょっとそっち寄って」って頼んで、
ちゃんとまっすぐに寝たもんね(笑)

今日はケアマネージャーさんが来たので、そういう話もし、
近くに神経内科のクリニックが出来たので、何なら受診してみるのもいいかもと。
それと、これまで週2日のデイケアだったのを、
4月は3日に増やしてみる事にした。
家にいるとそうやって鬱々してしまうのなら、
通ってる方がいいかもしれない。
でも、向こうでの母の状態とか、体力的にどうかって言うのもあるので、まずは様子見ってことで、調子よければ継続することに。

あー、それにしても、認知症って大変やねぇ。

|

03/20/2007

買っちゃった

 



先のエントリーに書いてたヤツ。
結局、買っちまっただ(笑)
懐中電灯なのよ、これ。
口の中に電灯がありまふ。
しかし、ちゃっちぃーーー!
暗闇じゃ、腕時計の確認くらいが精一杯かも?
いや、もうちょっとは見えるか(笑)
まぁ、値段が値段だからしゃーないか。
実用性には欠けるが、置物扱いで癒されるべ。



|

03/13/2007

うっ、かわいい・・・

たまたま、メルマガが来て見つけた猫グッズ。
これ、何だと思う?( ̄ー ̄)ニヤリッ

買っちゃおうかなー、これ!

|

どないしよー。

母の通院は3週間に一度なんだけど、
前回の通院の際、次回は検便採取して来て下さいと言って、
採取キットを貰って来た。
次回通院日の前日と当日の便を採取してくれという事らしい。
それを聞いて、「え"--っ、どないしよーー」と気が重くなった。
まぁ、それでもその時はまだ3週間先の事だから・・・と、
気の重さのレベルも50%くらいだったものの、
次回通院日が、今週の木曜日に迫ってきて、
レベル90%くらいまでUPよ。

普通の人ならば、検便しなきゃいけないとなれば、
便意がなかろうが、トイレに篭城してでも頑張るところだけど、
認知症の人の場合、そんな事判ってもらえそうにないし。
キットを貰って来た翌日、丁度、ケアプランナーさんが来たので、
そんな話をしたら、前日だの翌日だの言っても無理だから、
何日か前からでも取るしかないかなって。
とりあえず、今日は母に「今週は検便せなアカンのよー」と話をし、
ウ○チしたい時は言ってねと、切々と訴えたけど、
無理よねぇ(Α;´・ω・)

あー、こんな時こそオムツにやっちゃってくれたら
助かるんだけどなぁ。
たまに、オムツにやってしまう事はあるけど、頻度は少ないから、
そうは巧くいかないだろうなぁ。
うう・・・。

そもそも、便器にペーパーなりシートなり敷いて採取するにしても、
そんな変な事(非日常的)したら、絶対拒否されそうだ。
もし、採取できなかったら、医者に怒られるかなぁ( ̄▽ ̄;)

 ※画像は何も関係ないけど、とりあえずイメージ図(?)

|

03/09/2007

今頃、流星花園

去年から、ネッ友にずっと借りっ放しのDVDを、
いい加減返却せねばヤバいよなぁ・・・と言う事で、
最近、ずっとドラマ漬けしとりました。
韓国ドラマと韓国映画が殆どだけど、
その中に唯一あったのが台湾ドラマの「流星花園」。 

私の情報塔である「ちちんぷいぷい」で、
以前にヴィック・チョウを紹介していて、
オトコマエだし、インタビューの受け答えに好感持てたので、
しっかりと名前と「流星」だけはインプットされた。
で、件のネッ友が、「流星」なら録画してあるって、
韓ドラと一緒に送ってくれたわけです。
それをやっと借りて半年以上経った今頃観た訳で(Α;´・ω・)

いやー、おもしろかったよ。
まるっきり少女マンガの世界よねーって感じで。
実際、マンガが原作なんだけど(笑)
日本でもやってるよね、「花より男子」って。

何故か道明寺司だけがイラストって・・・。
ジャニーズって肖像権にうるさい訳ね?

日本版もかなり人気があるようなので、
どれほど違うのか見比べたい気もする。
松潤が道明寺なんだよねぇ?
どっちかというと小栗旬と逆の方が合ってないかな?

さて、話は「流星花園」の方だけど、
ヴィック・チョウに興味を持って観たいと思ったドラマだったのに、
観てしまえば、道明寺役の子の方がよくなってた(笑)
いえいえ、決して好きなタイプではありませんのよ。
こってりしたソース系は好きじゃないから、
でも、このドラマを見る限り、ヴィック・チョウが、
たまに・・・と言うか、かなりの頻度で、
ますだおかだの岡田に見えたりしちまって
本人に申し訳なく思いつつも、
「あっ、今の顔は岡田」ってツッコミ入れてました。

あと、吹き替えで観たもんで、
しょっぱなから、牧野つくしのしゃべりで、
友近のビバリーヒルズ青春白書だったっけ?
あの吹き替えモノマネを思い出してしまって笑えた。

ドラマの内容とか演技以外に、
そんな自分なりの付加価値を見出しつつ、楽しめたドラマでした。

F4オフィシャルサイトは「こちら」

 

|

« February 2007 | Main | April 2007 »