« 改名しました | Main | オスウサギのアホさ加減に呆れる »

03/06/2004

月へと旅立つ

今日のお昼、パンキーがお月様へ帰って行きました。
突然の帰郷でした。
何でこう、ウサギって突然逝っちゃうんだろう。

昨日の夜、おコタの上でたおと一緒に寝ていた。
寝ていたのはたおだけで、パンキーは寄り添っていただけだが。
「お口が開いてしまう」の写真が、たおメインで、
ウサギは後姿だけだったから、
今度は逆バージョンだわ・・・と写真を撮った。
明日はこれをUPしよ~~って思って。

今日、起きた時には、トイレの中に座っていた。
そのあと、水飲み場へ跳んで来て水を飲み、そこでジッとしていた。
抱き上げたら嫌がって(これはいつもの事)、
机の下の狭いところへ逃げてしまった。
仕事をしながらチラチラ見ていたけど、なんか元気ない?

母のお昼ご飯を用意して、また2階へ上がって来ると、
すぐに覗き、更に手を伸ばして撫でてみたら、
撫でる手に頭が付いてくる。抵抗感がない。
直感的にこれはもうダメだと思った。

物を退けてパンキーを掴んで出し、抱き上げた。
全く弛緩した状態のパンキーを、そのまま胸に抱きしめた。
よかった、間に合った、ちゃんと私の胸で逝かせてあげられる。
そう思った。
ほんの何分かで、痙攣して足がピーンと伸び、
私の肩口で、2度ほど顔を反りキューンと鳴いた。
(実際は鼻を鳴らしたのかもしれないけど)
そしてその後、完全に脱力した。

これまでのウサギも突然死んだ。
いや、体内では何か病魔があったかもしれないけど、
私も、もしかしたら本兎自身も気が付かなかっただけかも・・・。
何せ、パンキーにしても、昨夜も普通にしていた。
カリカリも干し草もよく食べ、寝る前もサニーレタスを食べていた。
昨夜はパンキーがそのまま「夜通しちゃん」だった。
「夜通しちゃん」とは、夜を徹して部屋に放しておくこと。
複数飼いなので、1匹ずつ部屋に出すようにしていて、
「夜通しちゃん」は、一番長く出ていられるので、
ウサギはみんな「今日の夜通しちゃん」になりたい。
夜通し部屋に出ていて、何かよからぬものでも食べたんだろうか?

パンキーを毛布に寝かせて、てんてんにお別れをさせた。
ケージの内外で喧嘩ばかりしてたけど、
唯一、血の繋がった母娘だからね。
でも、ちょっとクンクンしただけで、すぐに逃げちゃった。
たおも、いつもなら舐めてあげるのに、今日は匂いを嗅いだだけ。
てんてんもたおも、死んでる事がわかってたんだろうね、きっと。

パンキーの想い出はまたの機会に。

ね、パンキー、お月様であんじパパと仲良く暮らすんだよ。

|

« 改名しました | Main | オスウサギのアホさ加減に呆れる »

Comments

パンキーちゃんの御冥福をおいのりいたします。

小さい生物って、なんかけなげですね。
ちょいと明るい曲ですが、
Fly me to the moon
を思い出しました。
パンキーちゃん、猫手兎子さまのところで飼われて、幸せだったね。

Posted by: NON@ねころぐ | 03/06/2004 01:20

パンキーちゃんのご冥福をお祈りいたします。

先日の「うさ団子?うさダルマ?」の写真を見て、な、何者?とちょっとびっくりしたばかりでした。
うちの猫を抱いて逝かせてあげられなかったことが、まだしこりになっているので、「猫手兎子さんの胸の中で逝けてよかったね、パンキーちゃん」と心から思います。

Posted by: でじゃぶ | 03/06/2004 03:40

パンキーちゃん、やさしいママの胸に抱かれてお月様に帰れて良かったね。もう苦しまなくて良いんだよ。これからは楽しいことばかり。あんじパパとずっと仲良く暮らすんだよ。いつかまた、懐かしい友だちと再会できるから。その時まで心安らかに。

Posted by: べんてん | 03/06/2004 08:46

さみしいね・・・。
動物飼ってるとお別れの時が必ずくるんだよね。
ニャジももう16歳だからなんだかその日がくるのがこわい。

パンキーの冥福を祈ります・・・・。

Posted by: にゃじ | 03/06/2004 09:31

パンキー、ちゃんと看取れてよかったね。
動物ってほんとに死の直前まで一生懸命に生きるよね。
てんてんとたおがすぐに離れたというのも、とても清さを感じる。
幸せだったねぇ、パンキー。

Posted by: だいず | 03/06/2004 10:05

こういう話を聞くとね、
飼いたくないんだよ。
私、いくじないから・・・
うこちゃんいつまでも泣くなよ!
大切に大切に育ててあげられたぢゃない。

Posted by: お。 | 03/06/2004 11:38

この間ココログでお会いしたばかりなのに、突然のさよならが哀しいです。
でも、パンキーちゃん。猫手兎子さんの懐で、きちんとバイバイが言えて良かった。

パンキーちゃん、どうぞ安らかに…。これからは、お月様でゆっくり寛いで下さい。

猫手兎子様、少しずつでも元気になって下さいね。

Posted by: まお猫 | 03/06/2004 11:46

ちゃんと看取れて良かった。
異変に気付くって言うのは やはり経験とか愛情とか そういう物の積み重ねなんだろうな。
いつも思うんだよね、
うこちゃんちのうさねこは幸せだなーって。

Posted by: すぷ | 03/06/2004 12:06

■皆様へ

 パンキーへのお悔やみ、ありがとうございます。
 人も動物も、生きてる限り、いつか死ぬのは避けようがない事で、
 ちょっとでも長生きしてくれる事は誰しも望むところだけど、
 命の長短は別にして、
 生きてる間の日々が幸せだったと思ってくれる事と、
 死ぬ時に出来るだけ苦しまないで逝って欲しいというのが、
 結局のところ、一番願う事かもしれません。
 なので、昨今の子供の虐待死のニュースを聞くと
 やりきれなくなります。
 痛い、つらい思いするだけに生まれてきて、挙句に殺される・・・。
 その子供たちの来世は、是非とも優しい両親と、
 幸福な人生を送れればいいなと願います。
 
 あ、話が逸れました(笑)
 多頭飼いしてるので、愛情を一身に受けてというわけにはいかなかったけど、
 まぁ、パンキーもそこそこは幸せに過ごせたかなって思います。
 そうであって欲しいと言う飼い主の単なる願望ですが(^・^)
 

Posted by: 兎子@ウダウダ | 03/06/2004 12:27

パンキーちゃんの最期、看取ってあげることが出来てよかった
ですね。

きっとパンキーちゃん幸せだったと思います、猫手兎子のところで過ごせて。

Posted by: 野良猫 | 03/06/2004 16:37

うるうる・・・(ToT)
こういうお話って、避けて通れないけど・・・。
いっぱいいっぱい愛してもらえてパンキーちゃんはすごく幸せな生涯でしたね。
最後をみる事ができてよかったですね。
ダメだ・・・愛猫のチャコを思い出しちゃった(ToT)

Posted by: ちゃこ | 03/06/2004 18:39

あまりにも突然でびっくりしちゃったよ。
いつもパンキーの元気な姿ばかり見ていたから、
こんな突然にお別れなんて…。
でも、最期を看取れてそれが救いだ。
今頃は月で餅をついてるのかなあ。

Posted by: にゃー | 03/07/2004 03:56

お悔やみが遅れてごめんなさい。先日私も猫をなくしたばかりなので、お気持ちが痛いほどわかります。飼い主の腕のなかで天国へ行かれたときいてとても幸せな一生を送られたと思います。そしてほんとにかわいいお写真。どうぞお心でいつもパンキーと遊んであげてくださいね。

Posted by: nao-nao | 03/07/2004 12:43

うさちゃんも、前触れを見せずに去っていくのね。
うちも、ハムちゃんを飼っているときが同じだった。
人間と違って、病気を隠して、突然いなくなっちゃうんだから寂しいよね。
でも、さすがはうこちゃん、様態の変化に気がつくなんて・・・。
愛情だね。
最後に見とって見らって、パンキーも幸せだったと思うよ。

Posted by: ねこ | 03/08/2004 19:57

うこちゃん。
本当は少し前に読んでたんだけど、なんて言ったらいいのか、
言葉が見つからなくて、コメントできませんでした。

きっと、月に帰る前に抱っこしてほしくて、
それで待ってたんだと思います。
うこちゃんの胸の中で、パンキーは幸せだったはず!
だから元気出してくださいね。

Posted by: Lia | 03/10/2004 23:05

Liaちゃん、きてくれてありがとう~♪
私ゃ元気、元気!
パンちゃんが死んだ日も、内職の仕事が山積みで、
落ち込んでる間もなく働かにゃならんかったし(笑)
時折思い出しては目頭が熱くなるけど、
パンキーの思い出は心の中に一杯あるので大丈夫よっ!
心配してくれてありがとね(T_T)ウルウル

Posted by: うこ | 03/10/2004 23:28

パンちゃん、お月様に行っちゃったんだね。
ちょうど、ここにきたときに、パンちゃんのこと知ったんだけど
言葉が見つからなくて。

パンちゃんのご冥福をお祈りします。
今頃、天国のお花畑を飛び回ってるかな。
パンちゃん、幸せな兎生だったよ(*^^)

うこぴょんさん、元気出してね。

Posted by: ハナリン | 03/12/2004 20:28

ハナリンちゃん、お久しぶり~!
来てくれてありがと~~♪わ~い\(●^▽^●)/
これまで死んじゃったウサギたちもそうだったけど、
ホントに突然、あっけなく逝っちゃって、
「なんでぇぇ・・・」って感じ。
パンキーが死んで、今日で丸々1週間経ったなんてウソみたい。
ついつい、今もバトに向かって「パン~」って呼んじゃったり(^_^;)
他にまだいるからペットロスにならずに済んでるんかも。
はなこちゃんは長生きしますように!

Posted by: うこ | 03/12/2004 22:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 月へと旅立つ:

« 改名しました | Main | オスウサギのアホさ加減に呆れる »